Hitotsubou 365 cats challengeとは

チャレンジについて

ひとつ房(Hitotsubou)は、ガラス工芸家の山田妙子によるガラス工房です。
“Hitotsubou 365 cats challenge”は、工房の人気作品「ぶらさがりねこ(swinging kitty pendant)」をベースとして、1日1匹、計365匹の猫をつくっていくという、ひとつ房(Hitotsubou)の独自チャレンジです。

当チャレンジは2020年8月23日から1年間限定で始めました。

多くのモデル猫ちゃんにご協力をいただけたことで、作家は今まであまり気づかなかった猫の奥深い魅力を学び、技術面や表現など様々なことを勉強させていただきました。

こんな感じで、ご提供いただいた写真を基にぶらさがりねこを制作

200作目を越えたあたりから、従来展開していた猫アイテムをさらに当チャレンジで発展させてみたいという作家の思いから、「ぶらさがりねこ」以外の猫作品を制作しています。

なお、モデル猫ちゃんの募集は、2021年2月7日をもちまして締め切らせていただきました。
ご協力をいただきました多くの皆さまに感謝申し上げます。
現在は完走をめざしてチャレンジ中です。よろしければひとつ房のSNSからご覧ください!

「ぶらさがり動物(swinging animal pendant)」とは?

ひとつ房(Hitotsubou)の人気作品で、耐熱ガラスで制作した動物のガラスペンダントアクセサリーです。
中でも「ぶらさがりねこ(swinging kitty pendant)」は一番人気。裏返しにしてつけると、甘えているような感じになってかわいいんです!

当サイトの作品紹介でも一部ご覧いただけます。

なお、お手頃価格の定番作品は、ひとつ房(Hitotsubou)のオンラインショップにありますので、よろしければご覧ください。

上記の色は展示会等で販売しており、オンラインショップに掲載していません。色変更の簡単なカスタムはオーダー対応となりますので、こちらでまずは流れなどをご確認のうえ、お気軽にご相談ください。

※色やカスタム内容によっては価格が高くなることもございます。
※オーダー内容によってはお断りさせていただくこともございますので、あらかじめご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました